ネットワークに関するTips


Tunaclo RD の通信先

Tunaclo RD を利用するにあたって、利用者からは Web ブラウザーを介して Tunaclo RD ポータルに接続する必要があり、お客様環境からは RD エージェントを介して Tunaclo RD サービスに接続する必要があります。
一般的にインターネットに接続できる状態であれば、特に通信先を意識する必要はなく、利用者・お客様環境共に受信ポートの開放(外部からの通信許可)は必要ありません。
しかし、利用者やお客様環境で通信先のドメインを制限している場合は、Tunaclo RD で使用する通信先を許可するように設定を変更する必要があります。

click register

利用者の Web ブラウザーから Tunaclo RD ポータルにアクセスする場合の通信先

いずれの通信もポート番号「443」を利用します。

通信先 備考
portal.rd.tunaclo.jp.fujitsu.com Tunaclo RD ポータルサイトのアドレス
cdn.jsdelivr.net ポータルサイトの WebGUI で使用している OSS を取得
code.jquery.com ポータルサイトの WebGUI で使用している OSS を取得
fonts.googleapis.com ポータルサイトの WebGUI で使用している OSS を取得
agent.rd.tunaclo.jp.fujitsu.com サーバー接続時などのデータ通信

なお、ポータルサイトから RD エージェントのイメージファイルをダウンロードする際は、rdpagentimg.blob.core.windows.netにも通信します。

お客様環境の RD エージェントから Tunaclo RD サービスにアクセスする場合の通信先

いずれの通信もポート番号「443」を利用します。

通信先 備考
portal.rd.tunaclo.jp.fujitsu.com Tunaclo RD ポータルサイトのアドレス
api.kuroshio.tunaclo.net データ通信のコントロール(負荷分散など)
pro1-japaneast.*****.kuroshio.tunaclo.net サーバー接続時などのデータ通信
pro2-japaneast.*****.kuroshio.tunaclo.net サーバー接続時などのデータ通信
tunaclordrecdata.blob.core.windows.net 操作録画機能のデータを保存
(v1.4 までのエージェントを使用する場合だけ必要)
rdpagentimg.blob.core.windows.net エージェントアップデート時のダウンロード先
(V1.4 から V1.5 にアップデートする場合だけ必要)
  • ***** はお客様固有の文字列です。ご利用の際はサポートにご相談ください。

複数ネットワーク構成例

インターネットにつながるネットワークと、接続先サーバーにつながるネットワークを分けたいとき、各環境でどのような構成をとることができるのかを紹介します。

本記事では複数ネットワークの構成例として、オンプレ環境は VMware、クラウド環境は Azure を紹介します。 他のプラットフォームの場合も同様の環境で構成してください。

VMware の構成

ネットワークを分離するため、ルーティング機能を有するルーターや L3 スイッチが必要になります。

  • ルーターに 2 つのネットワークを接続して通信できるように設定してください。
  • Tunaclo RD エージェントのデフォルトゲートウェイにはルーターの IP アドレスを指定してください。
    multi nic
注意:
VMware の仮想スイッチは L2 スイッチのため、ネットワークの分離はできません。ルーティング機能を有する接続機器を用意してください。

Azure の構成

Azure でネットワークを分離する場合は、仮想ネットワーク内のサブネットを使用するか、別の仮想ネットワークを用意してください。

  • 仮想ネットワーク内のサブネット間は特別な設定をしなくてもそのままで通信できます。
  • 複数の仮想ネットワークを使う場合は、それぞれピアリングを設定してください。

NAT モードでのネットワーク構成例

NAT モードでのネットワーク構成例を紹介します。

NAT モードでは、RD エージェントからの通信は NAT モードの仮想ネットワークを経由し、Windows のネットワーク設定に応じて実施されます。 特に、Windows 自体が複数ネットワーク構成となっている場合に、RD ネットワーク設定が比較的にシンプルとなるメリットがあります。

本記事では NAT モードのネットワーク構成例として、オンプレ環境の Hyper-V と VirtualBox を紹介します。 他のプラットフォームの場合も同様の環境で構成してください。

Hyper-V の構成

以下は、Windows 10(Anniversary Update 以降) と Windows Server 2019 の Hyper-V 環境で新規に NAT を構成する場合の手順です。 他のバージョンでは異なる可能性がありますのでマイクロソフト社などのドキュメントをご参照ください。

  1. Hyper-V ホストにて、管理者権限で PowerShell を起動します。

  2. RD エージェント VM を接続する仮想スイッチを作成します。 ここでは例として RDAgentSwitch という仮想スイッチ名を指定していますが、異なる名前も指定可能です。

    実行例:

    PS C:\> New-VMSwitch -SwitchName "RDAgentSwitch" -SwitchType Internal
    
  3. Get-NetAdapter を実行して、作成した仮想スイッチのインデックスを確認します。 以下の例では、vEthernet (RDAgentSwitch) の ifIndex カラムに表示されているインデックス 19 が該当の値になります。

    実行例:

     PS C:\> Get-NetAdapter
     Name                      InterfaceDescription                    ifIndex Status       MacAddress             LinkSpeed
     ----                      --------------------                    ------- ------       ----------             ---------
     Ethernet                  Mellanox ConnectX-5 Virtual Adapter           5 Up           00-22-48-E9-29-CF       100 Gbps
     vEthernet (RDAgentSwitch) Hyper-V Virtual Ethernet Adapter #2          19 Up           00-15-5D-00-05-00        10 Gbps
     vEthernet (Default Swi... Hyper-V Virtual Ethernet Adapter             13 Up           00-15-5D-13-C8-A6        10 Gbps
    
  4. 仮想スイッチのインターフェースに IP アドレスを設定します。 この IP アドレスは、NAT 配下の RD エージェント VM に設定するデフォルトゲートウェイとなります。 デフォルトゲートウェイの IP アドレスを 192.168.0.1/24 にしたい場合は以下のように実行します。 また、InterfaceIndex には 1 つ前の手順で取得したインデックスを指定します。

    実行例:

    New-NetIPAddress -IPAddress "192.168.0.1" -PrefixLength 24 -InterfaceIndex 19
    
  5. NAT のネットワークを構成します。NAT ネットワークの名前(この例では RDAgentNat)と、アドレス変換の対象となる IP アドレス範囲を指定します。 IP アドレス範囲は、1つ前の手順で指定したデフォルトゲートウェイを含む範囲を指定します(この例では 192.168.0.0/24)。

    実行例:

    New-NetNat -Name "RDAgentNat" -InternalIPInterfaceAddressPrefix "192.168.0.0/24"
    
  6. RD エージェントの導入の Hyper-V 環境の場合 を参照して、RD エージェントを Hyper-V 環境に導入します。 その際に、作成した仮想スイッチ(この例では RDAgentSwitch)を VM が接続するネットワークとして指定してください。

  7. RD エージェント VM を起動後、VM のコンソールからログインして rdsetup -en を実行します。

  8. Network 設定にて、以下のように設定します(NIC0 の場合)。

    設定項目 設定値の例 備考
    DNS.PRIMARY 8.8.8.8 ご利用環境の DNS の IP アドレス
    DNS.SECONDARY 同上
    NIC0.DHCP manual v1.2 のエージェントの場合は disable を指定
    NIC0.Address 192.168.0.10 手順 5 で設定した範囲内の IP アドレス
    NIC0.Netmask 255.255.255.0 手順 5 で設定したサブネットマスク
    NIC0.Gateway 192.168.0.1 手順 4 で設定したデフォルトゲートウェイの IP アドレス
  9. RD エージェントに設定を反映します。 Info で正しく値が設定されていることを確認し、「Save」から「Save-And-Restart」もしくは「Save-No-Restart」を選択してください。 設定反映後、RD エージェントから curl, ping, rdadm network connect-check 等のコマンドを実行して、Hyper-V の外部と通信できることを確認してください。

  10. RD エージェントに SSH 接続したい場合はポートフォワードの設定を行います。 以下は、Hyper-V ホストの TCP ポート 4022 を経由して RD Agent に SSH 接続する例です。 実行例と引数の説明を参考にして、Powershell からコマンドを実行してください。

    実行例:

    Add-NetNatStaticMapping -NatName RDAgentNat -Protocol TCP -ExternalIPAddress 0.0.0.0 -InternalIPAddress 192.168.0.10 -ExternalPort 4022 -InternalPort 22
    

    引数の説明:

    引数 値の例 説明
    NatName RDAgentNat 手順 5 で設定した NAT ネットワークの名前
    Protocol TCP TCP を指定してください
    ExternalIPAddress 0.0.0.0 SSH 接続を受け付けるホスト側の IP アドレス
    InternalIPAddress 192.168.0.10 RD エージェントの IP アドレス
    ExternalPort 4022 SSH 接続を受け付けるホスト側のポート番号
    InternalPort 22 RD エージェントの SSH ポートである 22 を指定してください

    設定後、Hyper-V ホストでお使いの SSH クライアントを起動して、localhost の TCP ポート(この例では ExternalPort に指定した 4022)に接続すると RD エージェントに SSH 接続できることを確認してください。
    例えば、Windows の ssh コマンドを使う場合は ssh administrator@localhost -p 4022 と実行します。

Hyper-V ホストとは異なる他のマシンから RD エージェントに接続する場合は、Hyper-V ホスト上のファイアウォールで ExternalPort で指定したポートへの受信が許可されているか確認してください。
  1. 同様に、ファイル共有機能の SFTP 接続を利用する場合は、以下の実行例を元にポートフォワードの設定を行います。 InternalPort にはファイル共有の SFTP ポート番号(デフォルトでは 2022)を指定します。 その他、各引数に指定する値は手順 10 の説明を参照してください。

    実行例:

    Add-NetNatStaticMapping -NatName RDAgentNat -Protocol TCP -ExternalIPAddress 0.0.0.0 -InternalIPAddress 192.168.0.10 -ExternalPort 2022 -InternalPort 2022
    

VirtualBox の構成

  1. VirtualBox の「ネットワーク」設定から、RD エージェントに仮想ネットワークを 1 つ、 NAT モードで作成してください。
NATnetwork
  1. メンテナンス用に外部から RD エージェントに SSH でログインできるようにするため、VirtualBox「ネットワーク」設定「高度」メニューの「ポートフォワーディング」で以下の設定を追加してください。
  • SSH ログイン用: ホスト IP 空、ホストポート 4022、ゲスト IP 空、ゲストポート 22
    • この場合、外部から宛先 IP として Windows 自身の IP アドレス、 または同一 Windows からのアクセスなら 127.0.0.1 を指定し、ポート番号としては 4022 を指定して SSH 接続できます。
  1. ファイル共有機能も有効とした場合、SFTP ポートの転送用に以下の設定も追加してください。
  • SFTP ログイン用: ホスト IP 空、ホストポート 2022、ゲスト IP 空、ゲストポート 2022
  1. RD エージェントのネットワーク設定では DHCP auto を選択
  • この設定により、RD エージェントに対して VirutalBox が自動でアドレスを割り振ります。
portforwarding
注意:

  • 上記「ポートフォワーディング」のホストポート設定値は、実際の環境に応じて変更してください。
  • 上記の「ポートフォワーディング」設定を利用して、Windows 外部のマシンから Windows の IP アドレスとポート番号 4022 を宛先に ssh を実行し、RD エージェントにログインする場合、Windows の firewall においても穴あけ設定が必要な場合がありますので、ご注意ください。
  • NAT モードでのネットワーク構成を適用した場合、操作ガイドの SFTP クライアントを使用して接続 の例にある、ファイルストアリスト画面に表示される IP アドレスでは外部からの SFTP 接続はできません。上記の「ポートフォワーディング」設定を実施した上で、外部から宛先 IP として Windows 自身の IP アドレス、 または同一 Windows からのアクセスなら 127.0.0.1 を指定してください。

スタティックルートの設定

RD エージェントではスタティックルートの設定はできませんが、Hyper-v や VirtualBox 等のネストされた仮想マシンの場合、 エージェントを NAT 構成にしてホスト OS の機能を使うことでスタティックルートを再現できます。 本記事では設定例として Windows を利用します。

NAT モードネットワークの構成

NAT モードネットワークを設定する場合は NAT モードでのネットワーク構成例 を参照してください。

Windows のスタティックルートの設定

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。

    1. 「スタートメニュー」→「Windows システムツール」→「コマンドプロント」を右クリック
    2. 「その他」→「管理者として実行」をクリック
  2. 以下のコマンドを実行し、スタティックルートを追加します。

    ※OS の再起動後もルートの設定を保持する場合は-pをつけて実行します

    route add `宛先アドレス` mask `宛先サブネットマスク` `ゲートウェイアドレス`
    

route コマンドの利用方法については以下のコマンドを実行して確認できます。

route /?

プライベートネットワークへのエージェントの配備(FJcloud-V の場合)

RD エージェントを FJcloud-V 環境の共通グローバルネットワークに直接接続せず、プライベートネットワーク内に配備する場合、 RD エージェントの外部との通信を可能とするためには、お客様自身で FJcloud-V 環境にルーターをデプロイし、DHCP、NAT 設定を適用する必要があります。
FJcloud-V 設定の詳細については、以下のリンク先を参照ください。
https://pfs.nifcloud.com/help/network/
FJcloud-V 設定の不明点については、以下のサポートにお問い合わせください。
https://pfs.nifcloud.com/support/
以下に設定例を示します。

FJcloud-V の構成

1. RD エージェントの導入、FJcloud-V/ニフクラ の場合 の手順 2 で「プライベート LAN」を準備します

設定例:

click register

2. RD エージェントの導入、FJcloud-V/ニフクラ の場合 の手順 3 のサーバー設定では、 プライベート IP アドレスの設定として、上記で作成した「プライベート LAN」を選択します

3.FJcloud-V 環境で「ルーター」を作成します

設定例:

click register

4.FJcloud-V 環境で「DHCP コンフィグ」を作成し、「プライベート LAN」に設定した CIDR 領域から割り当て IP アドレスを設定します

設定例:

click register

5.FJcloud-V 環境で「DHCP オプション」を作成し、default-router として、「ルーター」の「プライベート LAN」上の IP アドレスを設定します。また、domain-name-servers として 任意の利用可能な DNS サーバーアドレスを設定します。

設定例:

click register

6.「ルーター」のネットワーク設定変更を実施し、上記で作成した「プライベート LAN」への接続を追加し、「プライベート LAN」に上記で作成した「DHCP コンフィグ」、「DHCP オプション」を設定します

設定例:

click register

7.FJcloud-V 環境で「NAT テーブル」を作成し、以下の SNAT エントリを追加します

  • 優先順: 任意(100 など)
  • プロトコル: ALL
  • 送信元: 構築済みの RD エージェントの、「プライベート LAN」上の IP アドレス
  • アウトバウンドネットワーク: 共通グローバル

設定例:

click register

8.「ルーター」の NAT テーブル変更の設定変更を実施し、上記で作成した「NAT テーブル」を設定します

設定例:

click register

9.RD エージェントの初期設定および設定変更を実施します

設定例での、追加設定部分のネットワーク構成図:

click register

注意: ルーターにファイアウォールを設定する場合、DHCP のポート番号である UDP 67, 68 番を許可してください。(RD エージェントヘのアドレス割り振りに必要なため)
前へ
次へ