ファイル共有に関するTips


外部ディスクの移行方法

ファイル共有機能で利用している外部ディスクを別のRDエージェントへ移行する方法について紹介します。

注意:
外部ディスクを利用していない場合、本方法で移行できません。 個別にデータをダウンロードし、新しいファイルストアへアップロードしてください。

移行元エージェントでの操作

  1. サービスを停止

    # rdadm service stop
    
  2. 外部ディスクの状態を確認
    外部ディスクがマウントされていることを確認します。マウントされている場合、最後の行に以下が表示されます。
    Filestore is using the attached device:/dev/xxx

    # rdadm filestore show
    
  3. 外部ディスクのアンマウント

    # rdadm filestore reset
    
  4. 外部ディスクの状態確認
    外部ディスクのマウントが解除されていることを確認します。
    (Filestore is using the attached device:/dev/xxx が表示されないこと)

    # rdadm filestore show
    
  5. エージェントの停止

    # rdadm power stop
    

サーバー仮想化ソフトウェアの管理コンソールでの操作

  1. 外部ディスクの割り当てを解除
    各サーバー仮想化ソフトウェアの管理コンソール(Azure Portalなど)から移行元エージェントに割り当てられた外部ディスクの割り当てを解除します。
    操作手順に関しては各サーバー仮想化ソフトウェアのマニュアルをご確認ください。

  2. 移行先エージェントの構築
    マニュアルの手順にしたがって移行先エージェントを構築してください。
    操作手順に関しては RDエージェントの導入 をご確認ください。

  3. 外部ディスクの割り当て
    移行先エージェントに、移行する外部ディスクを割り当ててください。
    操作手順に関しては各サーバー仮想化ソフトウェアのマニュアルをご確認ください。

移行先エージェントでの操作

  1. 移行先エージェントの初期設定
    マニュアルの手順にしたがって移行先エージェントの初期設定をしてください。
    操作手順に関しては 初期設定および設定変更 をご確認ください。

  2. サービスの停止
    サービスが起動している場合は、以下のコマンドでサービスを停止してください。

    # rdadm service stop
    
  3. 外部ディスクのデバイス名確認

    # rdadm filestore show
    
  4. 外部ディスクのマウント
    確認したデバイス名を指定してください。例:/dev/sdc

    # rdadm filestore mount --device <デバイス名>
    
  5. サービスの起動

    # rdadm service run
    

ポータルでの確認

ポータル上で移行先のファイルストアのステータスがNormalであり、データが移行されていることを確認してください。
操作手順に関しては ファイルストア をご確認ください。

前へ
次へ