Tunaclo RDの機能に関するご質問


サーバー接続画面についてのご質問

複数のサーバーに同時に接続できるか

ブラウザーの複数タブでTunaclo RDポータルに接続していただければ複数のサーバーに同時に接続可能です。
ただし、単一の端末からログインするときに使用するTunaclo RDのプロジェクトおよびユーザーIDは1つにしてください。
また、複数のサーバーに同時に接続する場合、ライセンス上の同時接続数をセションの数の分だけ使用することにご注意ください。

サーバー接続時に、通常のリモートデスクトップとの違い・制限はあるか

キーボードのショートカットキーの一部は、RDポータルの画面上のボタンで入力する必要があるか、入力の組み合わせが異なる場合があります。 詳細は サーバー接続後の画面 を参照してください。
また、マルチディスプレイ、および接続元端末のUSBデバイス(USBメモリーやマイク等)は認識されません。

サーバー接続時にブラウザーを×ボタンなどで閉じた場合、どのように動作するか

ブラウザーを×ボタンで閉じた場合など、RDP・SSH接続の応答がなくなった場合は、10秒経過後にセションを切断します。
ただし、アクセスログでセションの終了を確認される場合は、しばらく時間を置いてご確認ください。(切断からアクセスログが記録されるまで、最大で5分程度のタイムラグがあります)

SSHでLinuxに接続した場合に日本語入力ができるか

現状は対応していません。コピー&ペースト等で入力することは可能です。

アクセスポリシー(アクセス許可設定)についてのご質問

アクセスポリシーを同一サーバーグループ・ユーザーグループに対して複数設定できるか、設定するとどうなるか

アクセスポリシーは、同一のサーバーグループ・ユーザーグループに対して重複して設定でき、重複した場合はすべての設定が有効になります。
例えば、特定の期間で設定したアクセスポリシーに対して、期間を延長したい場合、同じサーバーグループ・ユーザーグループの組み合わせでアクセスポリシーを作成すれば、期間を延長して利用することができます。期間が重複していても問題ありません。

ただし、アクセスポリシーの設定の属性として操作録画とクリップボード機能の許可がありますが、重複した設定のうちで1つでもこれらの属性が有効になっていれば、許可期間・時間とは関係なく、その属性が有効になることにご注意ください。
例えば、同じユーザーグループとサーバーグループに対し、操作録画性の有効/無効を期間によって切り替えたい場合は、同じユーザーグループ・サーバーグループの組み合わせで複数アクセスポリシーを設定しても、すべての期間で操作録画が有効になります。
このような場合、ユーザーグループを期間ごとに作成し、同じユーザーグループとサーバーグループの組み合わせのアクセスポリシーを複数作成しないように設定してください。

認証についてのご質問

接続先サーバーの認証情報はどのように管理されるか

RDポータルでのサーバー登録時に、IDとパスワードを記憶するか、毎回手動で入力するかを選択できます。
IDとパスワードを記憶する場合は、RDポータル上に保存され、接続時に内部的に認証します。

接続先サーバーのネットワークレベル認証(NLA)に対応しているか

対応しています。

接続先サーバーのキーボードインタラクティブ認証に対応しているか

現状未サポートで、将来のアップデートで対応予定です。
キーボードインタラクティブ認証が必要なサーバー(VMware ESXiのホスト等)にログインする場合、別のサーバーにRDPかSSHで接続し、そこからSSH等で接続することは可能です。

操作録画についてのご質問

録画データを残しておける上限はあるか?

上限は設けていません。ライセンスによって保存できる容量は決まっておりますので、不足する場合はライセンスの追加購入をお願いします。
現在使用している容量については、 録画データの確認 を参照してください。

前へ