Wake on LANに関するTips


Wake on LANの概要と注意事項

Wake on LAN(以降WoLと表記)とは、特定のコンピューターの電源を遠隔で投入するため、マジックパケットと呼ばれる制御パケットをLAN全体にブロードキャストすることを指します。
Tunaclo RDのWoL機能は、RDエージェントからこのマジックパケットをブロードキャストする機能です。 送信するマジックパケットには、接続先サーバー登録(または編集)で設定したMACアドレスを指定します。

WoLを機能させるには、主にネットワーク構成と接続先サーバー側の設定に留意する必要があります。 お客様環境が以下の項目を満たしているかご確認いただき、実際にTunaclo RDのWoL機能を使用して動作を確認してから、お客様の運用で利用してください。

ネットワーク構成

Tunaclo RDのWoL機能は、RDポータルから接続先サーバーを指定してマジックパケットを送信します。マジックパケットは、選択された接続先サーバーをRDポータルに登録するときに指定したRDエージェントから送信されます。
一般的にブロードキャストはルーターを超えることはできませんので、接続先サーバーと同じサブネットに対応するRDエージェントを設置しておく必要があります。

また、お客様環境内でマジックパケットの送信が制限されている場合があり、その場合はWoLが利用できません。詳細は、お客様の管理者にお問い合わせください。

接続先サーバー側の設定

WoLを機能させるには、接続先サーバー側の設定が必要ですが、設定方法についてはTunaclo RDのサポート対象外となります。
以降、ご参考までに、設定例を示します。

WoLは、一般的にソフトウェアWoLとハードウェアWoLの2つの方式があります。
ソフトウェアWoLは、OSの機能であり、利用するには、OS側の設定でWoLを許可していることと、ネットワークデバイスがWoLに対応している必要があります。詳細は、OSの提供元にご確認ください。
ハードウェアWoLは、マザーボードのBIOSおよびネットワークアダプターの機能であり、一般的にはBIOSメニューよりWoLを有効にすることと、OSがその動作を阻害しないことが条件となりますが、提供元によって仕様が異なります。詳細は、当該ハードウェアおよびOSの提供元にご確認ください。

【ご参考】Windows10以降の設定方法

ここでは、Windows10以降の設定例について述べます。
WindowsはWindows WoLと呼ばれるソフトウェアWoLだけを公式に説明しており、これを利用する場合は以下の設定が必要となります。設定項目名などは変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

  • ネットワークアダプターの設定
    • [コントロールパネル]の[デバイスマネージャー]より、ネットワークアダプターの[プロパティ]を開く
    • [電源の管理]タブから、スタンバイ状態を解除できるようにする旨の設定を有効にする
      • タブがない・グレーアウトされている場合は、そのネットワークアダプターはWoLに対応していない可能性があります
      • [電源の管理]タブの代わりに、[詳細設定]タブにWoL関連の設定が存在するアダプターもあるようですので、そちらもご確認ください
  • スリープまたは休止状態にするための設定

WindowsでハードウェアWoLを利用する場合は、BIOSの設定が適切に行われている、かつ、Windowsの起動状態を「完全シャットダウン(S5)」にしておく必要があります。
BIOSの設定についてはお使いのマザーボードのマニュアルを参照してください。
Windowsのシステム電源状態についての詳細は、【Microsoft公式】システムの電源状態を参照してください。
完全シャットダウン状態にするためには、Shiftキーを押しながらWindowsをシャットダウンするか、【Microsoft公式】Windows 10での WAKE ON LAN (WOL) 動作の詳細情報に記載されている手順でハイブリッドシャットダウンを無効化してください。

Tunaclo RDにおけるWoLの設定・使用方法

RDポータルからマジックパケットを送信する手順は以下の通りです。

Tunaclo RDのWoL機能を有効にする

プロファイル画面より、WoL機能を有効にしてください。

起動したい接続先サーバーの登録情報にMACアドレスを設定する

接続先サーバーの登録 または 接続先サーバーの編集画面より、対象の接続先サーバーのMACアドレスを登録してください。

接続先サーバーを指定してマジックパケットを送信する

サーバーリスト画面より、WoLのマジックパケットを送信してください。
なお、サーバーに対してpingを送信して起動状態を確認できます。マジックパケットを送信した後、しばらくしてから実施してください。

前へ
次へ