RDエージェントに関するトラブル


RDエージェントにログインできない

概要

設定インターフェイス(rdsetup)を操作するためにRDエージェントにSSHまたは仮想ホストのコンソールでログインする際、IDとパスワードが必要となります。

対処

初期IDとパスワードは、契約者様にメールで通知しています。メールのタイトルは 初期設定情報のお知らせ です。メールに記載された初期IDとパスワードを指定してください。
初期IDとパスワードを指定してもログインできない場合、お客様の管理者がパスワードを変更している可能性がありますので、お客様の管理者にお問い合わせください。
なお、パスワード変更を実施した環境のVMイメージ(vmdk, vhdファイルなど)をコピーしてインポートすると、変更されたパスワードが引き継がれ、初期パスワードではログインできない場合があります。 この場合、再度Tunaclo RD ポータルからエージェントイメージをダウンロードして構築してください。

VirtualBoxでRDエージェントを起動しているがステータスがNormalにならない

概要

VirtualBoxの「仮想マシンの状態を保存」という機能によりエージェントからネットワーク接続ができなくなる場合があります。
VirtualBox固有の動作についてはTunaclo RDのサポート対象外ですが、参考までに回避方法を説明します。 以下2つの可能性があります。

  1. VirtualBox で「仮想マシンの状態を保存」によりVMを停止してから起動させると、VMのネットワークが接続できなくなる場合がある
    ※エージェント内の各コンポーネントは保存前の状態と同じくrunningですが、ポータルにアクセスできないためステータスがDisconnectedのままになる場合があります
  2. 「仮想マシンの状態を保存」を選択して停止した後に VirtualBox のネットワーク設定を変更すると、VM起動後にネットワーク設定が変わってしまう

対処

  1. の場合は以下の手順を実行してください。

    • エージェント上で “rdadm network connect-check” を実行する (結果はエラーになりますが問題ありません)
    • エージェントVMを再起動する
  2. の場合は、ネットワーク設定を「仮想マシンの状態を保存」を選択して停止する前の状態に戻してください。

バックアップからデプロイしたRDエージェントのサービスが起動しない

概要

稼働中のRDエージェントをバックアップ(スナップショット等)し、バックアップから新規にデプロイした場合、バックアップ側のRDエージェントでのサービス起動に失敗します。
RDエージェントは内部で固有IDを所有しており、バックアップ取得元のRDエージェントを稼働させたまま、バックアップから新たなRDエージェントをデプロイして稼働させると、サービス起動時の固有IDの重複チェックにより不当なRDエージェントとみなされるためです。

対処

バックアップ取得元のRDエージェントを停止し、停止完了を確認した上で、バックアップから新たなRDエージェントをデプロイしてください。

前へ
次へ