Tunaclo Remote Desktop 概要


Tunaclo Remote Desktop とは

Tunaclo Remote Desktop(以降 Tunaclo RD と呼びます)は、インターネット経由でお客さま環境のサーバーにセキュアーにリモートデスクトップ(RDP)、SSHおよびVNC接続するためのサービスです。
オフィスや自宅など場所を選ばず、ブラウザーでRDポータルにアクセスするだけで、オンプレミス/ハイブリッド/マルチクラウド環境のいずれのサーバーにもRDエージェントを介してシームレスに接続が可能です。
また、サーバーへの接続に関する管理を一元的に行う機能(利用者のID管理、アクセス制御、操作内容の記録など)も提供します。

Tunaclo RD image

Tunaclo RD のサービスを構成するコンポーネントを以下の表で説明します。

コンポーネント名 説明
Tunaclo RD ポータル Tunaclo RD のポータルで、GUI を提供します。
お客さまサーバーへのリモートアクセス、サーバー・ユーザーの管理、アクセスログの確認ができます。
RD エージェント お客さま環境に設置するエージェントです。
Tunaclo RD ポータルからのアクセスを中継し、リモートアクセスを実現します。
エージェントは仮想アプライアンスとして配布しており、お客さま環境で起動するだけで利用できます。

Tunaclo RD の特長

TunacloRDは以下の特長を備えています。

  • 利用者はブラウザーのみでアクセスすることが可能で、クライアントソフトウェアは不要です。
  • 管理者はサーバーと利用者を登録(サーバー管理・ユーザー管理)したうえでグルーピング(グループ管理)することで、多数の利用者とサーバーに対して一括したアクセス制御が可能です。
  • 利用者の操作内容を動画形式で記録できます。SSH接続で`SSH/text-based方式を選択した場合は、操作内容をテキストログで記録できます。(別途オプション契約が必要です)
  • 管理者はRD エージェントを冗長化することで、利用者からのサーバー接続要求が多量に発行されたとき、その要求を複数のRD エージェントに分散させ、安定した通信品質を確保できます。また、サーバー接続で利用中のRD エージェントがダウンしたとき、別のエージェントを用いてサーバー接続を再開できます。
    詳しくは、構築ガイドの RD エージェント冗長化 を参照してください。

用語集

このマニュアルで使用する用語について以下の表で説明します。

用語 説明
利用者 Tunaclo RD で user ロールを割り当てられたユーザーを指します。
管理者 Tunaclo RD で admin ロールを割り当てられたユーザーを指します。
接続先サーバー Tunaclo RD からのリモート接続を受け付けるサーバーを指します。
RD ポータル Tunaclo RD のポータルサイトを指します。Web ブラウザーでアクセスします。
RD エージェント Tunaclo RD のエージェントを指します。管理者がお客さま環境に配備します。
録画データ Tunaclo RD が記録した利用者の操作記録です。
操作記録は動画ファイルに変換することで確認できるようになります。
動画ファイル 録画データを変換した再生可能なファイルです。
ノード RDエージェントを冗長化する際に、RDエージェントを構成する仮想マシンを指します。