アクセス申請


アクセス申請機能の使用方法について説明します。アクセス申請機能によって、申請者がサーバーへのアクセスを申請し、承認者がそれを承認した場合にだけサーバーに接続可能となるワークフローを運用することが可能です。

注意:
アクセス申請機能は管理者によって有効にされている場合のみ使用可能です。以降で説明するメニューが見えない場合はお客さまの管理者に問い合わせてください。
また、アクセス申請ポリシーが有効な場合、user-adminロールのユーザーは承認者となるため、アクセス申請ができませんので、ご注意ください。


操作の流れを以下に示します。

click batch register

事前設定

画面右上部にある [アカウントメニュー] の [プロファイル] をクリックし、ログイン中のユーザーに対してアクセス申請機能で使用する情報を追加で登録します。 [アカウントメニュー] の [プロファイル] 設定画面上で、自身の情報を入力してください。詳細な設定方法は、 プロファイル情報の更新 を参照してください。
なお、これらの情報が管理者によってあらかじめ設定されている場合は、この手順は不要です。

click batch register
名前 (必須)
アクセス申請の際、この名前が承認者に対して表示されます。名前が設定されていないとアクセス申請を実施できません。最大32文字の日本語・英数字記号で入力してください。

メールアドレス (任意)
アクセス申請が承認された場合に、このメールアドレス宛に通知メールを送信します。
通知メールの送信元アドレスはno-reply@tunaclo.jp.fujitsu.comで、タイトルは[Tunaclo Remote Desktop] アクセス申請の承認通知(申請番号 n) となります。 ※nは数値

所属 (任意)
アクセス申請の際、名前と共に表示されます。最大120文字の日本語・英数字記号で入力してください。

アクセス申請

アクセス申請を実施する手順を説明します。

  1. Tunaclo RD ポータル画面上部で [アクセス申請] をクリックします。

  2. 過去に実施した申請一覧が表示されます。新たにアクセス申請する場合は [新規申請] をクリックします。

    click register

アクセス申請一覧画面では、以下の情報を参照できます。

項目 説明
申請番号 アクセス申請ごとに自動的に付与される番号です。
ステータス アクセス申請のステータスです。
ステータスは右に示す3つとなります。
New 承認者が誰も承認・拒否していない新規のアクセス申請です。
Approved 承認者によって承認されたアクセス申請です。
Rejected 承認者によって許否されたアクセス申請です。
申請日 申請者からのアクセス申請日時です。
申請者 申請者のユーザー名です。
アクセス申請ポリシー 申請に紐づいているアクセス申請ポリシーの名前です。
アクセス申請ポリシーを使用せずサーバーグループを指定している場合、詳細ダイアログをご参照ください。
利用期間 申請者からのアクセス申請のある利用期間です。
利用時間 申請者からのアクセス申請のある利用時間です。 時間 アクセス申請として時間帯が設定されていた場合に表示されます。
制限なし 設定されていない場合、「制限なし」が表示されます。
承認依頼先 申請者からのアクセス申請先の承認者です。
承認者 アクセス申請を承認した承認者名が表示されます。
アクセス申請の詳細ダイアログを表示します。
注意:
アクセス申請ポリシーが有効な場合、事前設定が不足していると、申請時にエラーが発生する場合があります。
必要な事前設定には以下のようなものがありますので、お客さまの管理者にお問い合わせください。

  • ログイン中のユーザーが所属するユーザーグループがアクセス申請ポリシーで紐づけられていない
  • アクセス申請ポリシーで紐づけられたユーザーグループの中に承認者がいない など
  1. 以下の申請内容を入力し、[申請] をクリックします。
click register
アクセス申請ポリシー(アクセス申請ポリシーを利用する場合は必須)
アクセス申請ポリシー機能が有効な場合、アクセス申請ポリシーを1つ選択します。
どのアクセス申請ポリシーを選択すべきか不明な場合は、お客様の管理者に問い合わせてください。

サーバーグループ(アクセス申請ポリシーを利用しない場合は必須)
アクセス申請ポリシーを利用しない場合、アクセス申請ポリシー欄の代わりに表示されます。
アクセスしたいサーバー群が含まれるサーバーグループを1つ選択します。
どのサーバーグループを選択すべきか不明な場合は、お客様の管理者に問い合わせてください。

利用期間(必須)
開始日と終了日の両方を指定してください。利用期間外になると新たにサーバーに接続できなくなります。

利用時間(任意)
1日の中で利用する時間帯が決まっている場合、開始時間と終了時間の両方を指定してください。利用時間帯を超えると新たにサーバー接続できなくなります。

申請理由(必須)
承認者に申請理由を通知します。 以下の条件で入力します。
  • 文字数は400文字までにしてください。
  • 使用できる文字は以下のとおりです。
    • 半角英数字のすべて、半角記号は . _ - ~ ! " # $ % & ' ( ) , = | ` @ ? [ ] { } : ; + * / \ だけが使用可能です。
    • 日本語(Unicode準拠)はひらがな、半角および全角カタカナ、漢字、全角記号の一部が使用可能です。
      • 使用できる全角記号は ー(全角長音) _ です。
      • -(全角英記号ハイフン) および ―(全角日本語記号ハイフン) は使用できません。

承認依頼先(必須)
承認者を選択します。複数の承認者を選択可能です(最大5名まで)。
  • アクセス申請ポリシー機能が無効な場合、adminロールのユーザーがすべて表示されます。
  • アクセス申請ポリシー機能が有効な場合、申請者と同じアクセス申請ポリシー内のユーザーグループに所属するadminまたはuser-adminロールのユーザーが表示されます。

注意:
必要な承認者が見つからない場合は、お客様の管理者に問い合わせてください。必要な情報(adminロールまたはuser-adminロールのユーザー情報の"名前”)が設定されていない可能性があります。


メールアドレスが設定されていない承認者には通知メールが送信されません。


アクセス申請の承認は、指定した承認者以外に、adminロールのユーザーでも実施可能です。(承認依頼があったことのメール通知は、指定した承認者以外には送信されません。)
そのため、指定した承認者以外から承認されることがあります。


V1.5以降のRDエージェントを経由してサーバー接続している場合、アクセス許可期間を過ぎると接続中のセションは切断されます。
V1.4以前のRDエージェントを経由してサーバー接続している場合は、アクセス許可期間を過ぎてもセションは切断されません。

  1. 事前設定でメールアドレスを設定している場合、承認または拒否された時に通知メールが送信されます。また、Tunaclo RD ポータル画面上部で [アクセス申請] をクリックすると、申請の状況が参照できます。

  2. Tunaclo RD ポータル画面上部で [サーバー] を選択すると、アクセスが承認されたサーバーが新たに表示され、接続可能となります。